日本仲人協会 TOP > お知らせ・婚活応援コンテンツ > 婚活アプリ > 婚活アプリでうまくいかないのは男女のギャップが原因!?

婚活アプリでうまくいかないのは男女のギャップが原因!?

婚活アプリでうまくいかないのは男女のギャップが原因!?

20代も終わりに差し掛かり、「そろそろ婚活を始めてみようかな」という感じで婚活アプリに登録する女性は多いと思います。アプリへの情報登録のみで簡単に始められるので、婚活の最初のステップとしては最適です。 

しかし、実際に始めてみるとなかなかマッチングしなかったり、会ってみてもその次につながらなかったりとうまくいかない場合も多いようです。

実は婚活アプリでうまくいかないのは、あなた自身に原因があるのではなく、そもそも男女間にギャップが生じているからなのです。

そのギャップを理解した上で、いかに効率よく出会いにつなげていくかが婚活アプリでの婚活成功のポイントになります。

婚活アプリでうまくいかない原因となっている「男女のギャップ」とは?

婚活アプリでうまくいかない原因となっている「男女のギャップ」とは?

婚活アプリは登録が簡単なのと料金も3,0004,000円とそれほど高くないため、男女ともに気軽な気持ちで登録する傾向にあります。

特に男性は、「結婚相手を探す」という目的というよりは、恋人や遊び相手を探す目的で利用している場合が多いようです。それに対して女性は結婚を意識している人が大半です。

実際にアプリによっては、男女でターゲットを分けて表示する広告を変えているところもあり、女性側には「結婚」をイメージさせる広告を表示しているのに、男性側には「気軽に遊べる可愛い女の子がいっぱい!」と、「結婚」をまったく匂わせないライト恋愛を推奨するような広告を表示しているのです。

これでは男女がマッチングして結婚に至るのは奇跡的な確率と言っても過言ではありません。

ただ、婚活アプリには「手軽に婚活ができる」「自分の好みのタイプや条件に合う人のみにアプローチできる」というメリットもあるため、辞めたほうが良いとも言い切れません。 

ここからは、うまくいかないことが多い婚活アプリで、効率良く理想の相手を探す方法をご紹介します。

うまくいかない婚活アプリを上手に使う①自分から積極的に「いいね」を押す

うまくいかない婚活アプリを上手に使う①自分から積極的に「いいね」を押す

既に実践している人もいるかもしれませんが、少しでもいいなと思った人には積極的に「いいね」を押すようにしましょう。婚活アプリでは見た目や条件で相手を探すと思いますが、80点~100点の人だけではなく50点~60点の人も候補に入れることをおすすめします。

写真では微妙と思っても実際に会ってみると好印象だったり、今は年収が低くても出世したり転職したりすることで年収もアップする可能性があります。

できるだけ許容範囲を広げることで良い出会いにつながりやすくなりますので、少しでも「会ってみてもいいかな」と思う人には「いいね」を押したり、メッセージのやり取りをするようにしてください。

うまくいかない婚活アプリを上手に使う②メッセージでふるいにかける

うまくいかない婚活アプリを上手に使う②メッセージでふるいにかける

婚活がうまくいかないパターンの1つとして、遊び人ばかりに当たってしまうという場合があります。 

いいねを押してマッチングするとメッセージのやり取りになりますが、このメッセージのやりとりである程度ふるいにかけることが効率的に良い相手と出会うポイントになります。では、どのような人は避けた方が良いのでしょうか?

すぐに会おうとする

やり取りをほとんどせずに会おうとする人は、遊び目的の可能性が高いです。メールのやり取りは面倒だし、会わなければ何も始まらないというのは事実ですが、最低限の挨拶や相手のことを知るためのやり取りはやはり必要です。 

メッセージの返信がいつも速い

いつメッセージを返信してもすぐに返信が来るという人はいないでしょうか?返信が速いのはあなたのことが気になっているから、という風にも考えられますが、残念ながらそうではない場合が多いです。 

これまでの経験上、メッセージの返信が速い人は基本的に遊び人が多い傾向にあります。返信が遅すぎるのも問題ですが、メッセージの返信が速い人はとにかくまめなので、複数の人と同時進行で付き合うのが得意ということが多いです。

あなたのペースに合わせてちょうど良い感覚でメッセージの返信をくれる人が良いでしょう。 

夜に会いたがる

いざ会おうとなったときに、夜に会いたがる人は要注意です。夜の時間を指定されたときにいきなり切る必要はありませんが、あなたが昼にして欲しいと言ったときに渋る場合は会うのをやめておきましょう。 

夜だとお酒を飲む流れになるのも自然ですし、飲むと気持ちが緩んでそのままホテルに…という可能性も考えられます。お酒を飲んでも自分は大丈夫という人もいるかもしれませんが、夜にこだわる男性はそもそも遊び目的の可能性が高いため、避けた方が良いでしょう。 

反対に、会う時間を昼に指定することで、純粋に婚活している可能性の高い人を選ぶことができます。

うまくいかない婚活アプリを上手に使う③可能な限り複数の人と同時進行

うまくいかない婚活アプリを上手に使う③可能な限り複数の人と同時進行

メッセージのやり取りやデートだけなら、何人の人と同時進行でも問題はありません。さすがに付き合うとなると同時進行はあまり良くないですが、デートまでならなるべく多くの人と会うことが、理想の相手を見つけるポイントになります。

ただし、婚活アプリで会うことには危険も伴います。実際にネットで知り合った人とのトラブルで殺人事件も起こっています。婚活がうまくいかないだけなら笑い話になりますが、焦るあまりトラブルに巻き込まれてしまっては元も子もありません。

婚活アプリで起こりうるトラブルや、トラブルを避けて安全に婚活する方法については、次の記事で詳しく説明しています。ちょっとした油断が危険につながります。自分の身の安全を守るためにも必ずチェックしてください。

婚活アプリは危険がいっぱい!危険を回避して安全に婚活するには?

婚活アプリで効率よく出会うためのポイントまとめ

以上、婚活アプリでうまくいかない原因や、効率的に婚活を進める方法についてご紹介しました。婚活アプリはうまくいかないという前提で、いかに効率的に相手を探すかということが重要です。

なるべくたくさんの人に「いいね」を押してメッセージのやり取りをし、その中でこの人は安全そう!紳士的!という人と積極的に会うことが成功の秘訣です。

今まで婚活アプリでうまくいかない…と悩んでいた人はこの記事を参考にしていただき、早速実践してみてください。